鈴木美穂プロフィール


mihosuzuki300


鈴木美穂(すずきみほ) 1971年生まれ 茨城県ひたちなか市出身・在住


米国催眠士協会(NGH)認定セラピスト
米国催眠療法協会(ABH)認定セラピスト
日本ホリスティックアカデミー(JHA)
(前世療法プロフェッショナルコース/ 年齢退行プロフェッショナルコース修了)
日本ヒプノセラピーアカデミーイシス認定ヒプノセラピスト
(前世療法コース/ 年齢退行コース修了)
日本ヒプノ赤ちゃん協会(JHAI)認定「ヒプノ赤ちゃん」プラクティショナー
日本ヒプノ赤ちゃん協会(JHAI)認定「未妊セラピー」プラクティショナー
・光量子共鳴療法「バイオントロジーセラピー(Biontology JAPAN)」バイオントロジスト

「Laughy Children ~あなたはどんな種を未来に残しますか?~」主宰。

青山学院女子短期大学 英文科英語学科卒業後、大手電機メーカーに就職、教育係にて国際化に向けた社内講座の取り纏めなどを行う。その後、オーストラリアへ語学留学した後、主に英語に関係する仕事(英会話スクールや英文事務など)に従事する。

20代後半から自身の悩みを通して人の心と身体、病の関係に興味を持つ。そして、30代後半から突如としてネイティブとの関わりが始まる。先住民族との出逢いを通して最初に気付かされたことは、スピリチュアリティ(精神性)は日常・生活そのものであるということだった。その後、約7年間に及び、日本と海外を行き来しながら、古来より受け継いできた伝統や文化を次の世代へと繋ぐための架け橋(コーディネータ・通訳)として活動する。

現在は、「ヒプノ赤ちゃん」との出逢いを通して、出産から育児、食事、病気、日常生活における本来のいのちの扱い方について、「古来から伝承されてきた伝統や文化」「自然との調和」をキーワードに、直接お聞きした話や自らの体験を伝えながら、セラピストとしても活動する。

メッセージ

『出産・子育・食事など、私たちの命や生活は“自然との調和”の中にあります。全てを委ね、古来より私たちに本来備わる“いのちの力”を呼び覚ます!お手伝いを致します。本質はとてもシンプルで、実は「既に知っている」大切なことをただ思い出すだけでいいのかもしれませんね。』